~Mexico~ Río Lagartos – Lovely pinkの世界 2


ユカタン半島で面白そうなところを探していて見つけた1枚の写真。
見た瞬間に絶対に行きたい!
そう思った場所、Río Lagartos リオ・ラガルトス。

dscn6205-1280x960

ところが探しても意外に情報が集まらない。
明確な行き方がわからない。
仕方がないのでツアーを探したところ、日系の現地ツアーは2つあったけど、
英語、スペイン語で検索してもロコ系ツアーがヒットしない。
日系ツアーはあまり好きじゃないのだけど、仕方がないので日系ツアーに連絡をすると、
他に行く人がいないのでツアーは出ないとのこと。おお・・・

でも絶対に行きたい。
ホステルの人に聞いても知らないと言われ、それでもしつこくいろいろ質問をすると
バス会社に問い合わせをしてくれた。
ロコバスを乗り継いで行けばなんとか現地にたどり着けそう。
やった^^
現地でツアーがあるのか?一般人が誰でも勝手に中に入れるのか?
そこは一体どういう状態なのか?
その場所の詳細は全くがつかめなかったけど、とにかく行ってみることに。

まずはTulumからADO BUSというカンクンへのバスなど手配してる大きなバス会社へ。
カンクン行きが人気なのでバスステーションは賑わい気味。

img_4443-1280x960         img_4446-960x1280
でも私が行くのはVALLADLIDというところ。

バス会社のアナウンスはスペイン語Only・・・。
ものすごく不安で何度も何度も立ってるおじさんにまだかまだかと確認。
やっと乗るバス来たと思ったら、切符確認の人も荷物係も運転手もお前の乗るバスじゃないぞ
という。でも確かにあってる。
これであってるよ、と切符を見せると、みんな何しにそんなとこ行くの?という驚いた顔。
ピンクレイクはあまりメジャーじゃないのかな?
とにかくバスに無事乗り込んだけど、このバスに乗った人私以外みんなローカルでした。

バスに揺られて2時間ほどでVALLADLIDへ到着。

img_4450-1280x960
ここで1時間ほどまってまた乗り換えて次はTisiminまで。

img_4449  VALLALIDの街

ホットドックとコーラがセットで約100円!安い!

img_4451-1280x960

そしてまたここでもバスに乗り込むときに、お前バス間違えてないか?と散々聞かれ
何しにどこ行くのと質問攻めにされながらも無事にTisiminに到着。

そして今度は違うバス会社のバスに乗り換えていよいろRio Lagartosへ!
本日の最終バスにぎりぎり滑り込みセーフ!

img_4453-1280x960   img_4454-1280x960
ただここのバスターミナルで痛い失敗がひとつ。
おトイレに行きたくて急いで直行したら、間違えてメンズトイレに入っていたみたい。
出たら男の人が超慌てて・・あわわわわって・・・XXXXX><XXXXX
人間のマークが赤だったからてっきりレディスと勘違い。
騒がせしました^^;

とにかく無事にRio Lagartosに着きました!
12時に出て到着19時 7時間のバス旅でした。

到着のバスのおばちゃんにピンクレイクの情報を集めていると
漁師さんが現れて、明日イタリア人2人をボートツアーに連れて行くからお前も行くか!と。
おお~^O^ 願ったり叶ったり!しかも$30!
日系ツアーのお値段は20000円でしたよー。
交通費入れても半額以下で夢が叶います^^
日系ツアー中止でいてくれてよかった。

ということで、すっかり夜道になってしまったので
漁師さんにホテルまで送ってもらい、レストランまでも送ってもらい
ビールをおごると言っても自分は大丈夫といって何も口にせず。
ひたすら親切な人でした。

img_4458-1280x960 名前はアブラハムさん
今回の旅はめちゃくちゃ人運がいいのです。感謝。

そしてツアーです。久しぶりの早朝起きで出発。

img_4463-1280x960  img_4462-2

港町は好きだなー。細島を思い出します^^

img_4551-1280x960   dscn5974-1280x960
まずは港のすぐそばで遊んでいる野生のピンクフラミンゴたち。
dscn5904-1280x960   dscn5901
フラミンゴってめちゃよく飛ぶ鳥だったんだなーとか
首がめちゃS字だなーとか
やっぱりかわいい鳥だなあと思いました。
子供はグレー。ピンクのエビを食べるからピンクになるっていうのは本当なのかな?

dscn5943-1280x960   img_4536-1280x960

顔が汚れてる?鳥。
名前聞いたけど忘れました。

dscn5919-1280x960   dscn6055-1280x960

めちゃペリカン。
カリブ海はどこもペリカンだらけ。

dscn5924-1280x960   dscn5925-1280x960

そのほかいろいろな鳥が生息。

dscn5961-1280x960   dscn6018-1280x960
名前・・全部忘れました・・。すみません。

dscn5982-1280x960   dscn6070-1280x960

そして・・・
これがピンクの塩湖だー!!

img_4520-1280x960 ・・・・・ん?・・・・・・
ん?。。。。
ピンク?茶色??

img_4500-1280x960 ・・・・・うーん???・・・・
私が見た写真と色が違う・・・想像と違う・・・
あんまりピンクじゃないね。というと、漁師さんは今はもうピンクの時期じゃないね。という・・・
がーーーん!
ここまで来たのに・・・
ちょっとしょんぼり。

でも、写真と現実と違うことってよくあるしシーズンっていうのも重要なポイントだよね。

計画性なかったのが悪いんだし、と気を取り直して写真撮影続行。

img_4506-1280x959

キャプテンがめちゃ写真を撮ってくれます^^ 自分写真あまりないので嬉しい^^

img_4549-1280x960   img_4507-1280x960

ツアー終わって、カンクンに行くためのバス待ち時間にリオ・ラガルトスの街を散歩

img_4568-1280x960   img_4552-1280x960

img_4567-1280x960   img_4562-1280x960

・・・・・・
でもでも・・・なんだかなんだか胸騒ぎ。
野生の勘が何かを私に訴えかけてる。
違うよ違うよ、まだあるよ!と言っている!
そう・・なんだかずっと心にひっかかっていて府に落ちてなかったのです。
ピンクレイク、きっともっとピンクのところが絶対にあるはず!

あきらめきれず、そしてまたバスターミナルのおばちゃんを質問攻めにして

De Las Coloradasこそが私の見た写真の場所と判明。
そしてそこに行くバスが1便、なんと15時にあるという。
15時・・結構微妙な時間で、行っちゃうとカンクンまでは今日中にはたどり着けないかもしれないし
そうなった場合、今日はどこに泊まる?とちょっと不安もあったけど
看たい場所のありかが分かったのに行かないほうが後で絶対に後悔すると思い
買ったバスをキャンセルして行先変更。
De Las Coloradasへ!

そしてまたみんなにバス間違えてない?とか、何人?とか、どこ行くの?とか

バス中の人の興味を一斉に受けながら揺られているとついに視界にピンクが!

見えてきました~!!!!

img_4725-1280x960   img_4590
一面どこまでもどこまでもピンクの塩湖!

img_4592-1280x960   img_4721-1280x960img_4585-1280x960 たまった部分は濃いピンク
加工しなくてもそのまんま写真で正真正銘のピンク色!

光の当たり具合、風、逆光とかでピンクの色が微妙に変わります。
風のない日だと鏡張りにもなるのだそう。
今日は風あり、雲無しで鏡張りは残念ながら無し。

dscn6203-1280x960

写真では1つの区切りまでしか写真に収められないけど
このくらいの塩湖が何十個分も広がっています。
本当にきれいでお約束のジャンプ写真でも撮ってみたくなったけど
誰も歩いておりません・・・。
こういう時、1人は寂しい・・・。
あ、1人じゃない。
初お披露目ですが、友達から用心棒?兼お守りにと渡されているしぼことエース。
しょうがないのでこいつらと記念撮影。

img_4621

見れて良かった。
来て良かった。
あきらめないで良かった。

漁師のおじちゃんは悪い人じゃなかったけど、
自分のツアーとここの情報もちゃんと教えてくれたらよかったな。
ここを教えたら自分のツアーには参加しないと思ったのかな?
先に知ってても両方来たのにね^^

ここでは」バス停にあったお店屋さんにスーツケースを預かって!とお願いしたら快諾してくれました!
ありがとう!

img_4733-1280x960
可愛い子供たちもパチリ☆

img_4735-960x1280

そして十分感動した後は、いつも通りの行き当たりばったりで
バスなし、ヒッチハイクするには夕方だし着くころには夜になるのでちょっと怖い。
TAXIが来てくれるか、最悪はこの商店のおばちゃん家に泊めてもらうかしかないかなーと思いながら
1時間ほど道に立ってたらTAXI来ました!
そしてTisiminまでの1時間の道のりをたった1000円くらいで行ってくれました。
しかもTisiminからカンクンの最終バス3分前にターミナルに到着するという奇跡!
深夜着にはなりましたが無事にカンクンまでその日のうちに到着。
最後までラッキー。
やはり日々いろいろなことに感謝です。





コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 thoughts on “~Mexico~ Río Lagartos – Lovely pinkの世界

  • 巻田広史

    お疲れ様です❗やはり日系ツアーはね……。私も先日のレバノンでドライバーが見つからなくて日系で75000円/と言われてキャンセルして当日現地人に9000円で大喜びで行ってくれましたからねえ
    私も旅してるみたいで起子さんのアップ楽しみです。お気をつけ……。
    あと夜間の酔っぱらい遭遇はホントに気をつけて❗

    • wtlapinagile_09vlk8ll 投稿者

      ありがとうございます^^
      レバノンでのその差額はすごいですね・・^^;
      交渉さすがです!
      ネットで簡単に調べられて、ルート検索や情報収集も楽になってきているけど
      たまに未知の情報の少ない世界に、手探りしながら進んでいくのは楽しいですよね。たどり着いたときにうぉーってなるし^^
      そういう旅をこれからも続けたいです。酔っ払いには注意します!
      ありがとうございます!