~Cuba~ ヘミングウェイの愛した街


ヘミングウェイが愛した街としても知られるキューバ。
彼の名作「老人と海」はこの地で書かれたものです。
ゆかりの地を訪れながらビエハ地区をのんびり街歩きしてきました。

ヘミングウェイが通いつまたBarとして有名なFloridita

砂糖抜きダイキリ「パパ・ヘミングウェイ」が定番!

   

アルマス広場に建つ独立戦争の父「カルロス・マヌエル・デ・セスペデス」の像

見ごたえのあるキューバ風バロックスタイルのカテドラル

観光客でにぎわうオビスポ通り

   

ピエハ広場はみんなの憩いの場

あ、あっちの方いい感じ!とかって横道をいろいろ曲がったりして

どこにいるのかよくわからなくなったりするけど、そうやって出会う風景が好き。

 この街の色合いと擦れ感が好き

   

このARTの通りは特に好き。ちょっとスラムっぽくも見える街だけどARTいいなあ。

スラムから生まれるARTや音楽はやはりものすごくソウルを感じます。(ここは多分スラムじゃないけど。。)

魂の叫びが暴力ではなく、芸術に向かって爆発して生まれる作品はパワーと説得力がある気がします。

   

ここは旧市街の手前のチャイナタウンの入り口近くのストリート

キューバのチャイナタウンは中国人があまりいません。レストランも1件ほど(大きいものは)

   

観光地区でも1本道をはずれると静かになり、ロコの日常の生活を垣間見ることが出来ます。

   ねこちゃん

ヘミングウェイが通ったBar2 「LA BODEGUITA (ボデギータ)」

生バンドも入っていて昼間からさすがに混んでいました。

歌ったり、踊ったりみんな楽しそう。

   

喉をうるわしまた街歩き再開。

旧市街の中は素敵な佇まい。1つ1つの名前は覚えてないけど、どこにも歴史を感じます。

    

   

革命博物館

1959年の革命前まで大統領官邸として使われていました。

 フェリー乗り場に建つ銅像。なんか好き・・・

カサ・ブランカ地区に建つモロ要塞

  

  なにかと親切なPOLICE MAN

 いきなり音楽について語り始めたレゲエマン

魚釣りをしていた人たち。 一緒に釣らせてもらいました^^

  

ハーバーにいると現地のいろいろな人たちと交流できて楽しいです。

ここでみんなと話をしながらのんびり過ごした時間はとても貴重な時間となりました。

 豪華客船も寄港していました。

 通りすがりのサッカー練習場

   

   

 夜景も綺麗なキューバ

泊まったホステルの下でキューバコーヒーを売るお姉さん。

このコーヒーが美味しくて毎晩2杯飲んでいました。CAPITOLIOのすぐ前

自転車タクシーやモータータクシーもたくさん走っているキューバですが

街並みが可愛くて歩いて発見できる景色もたくさんあるので、ほぼ歩き三昧。

毎日10000歩超え。健康にもいいキューバでした^^

 




コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA