Palestine~ 覆面芸術家Banksyのストリートアートと世界一長めの悪いホテル



Banksyは社会風刺のアートをストリートに書き続ける覆面芸術家。

ここパレスチナにもたくさんの作品を残しています。

彼が分離壁にイラストを描いている間ずっとイスラエルの治安部隊は空に向けて発砲で威嚇をし、かなりの銃が彼を狙っていたそうです。

ですが彼はひるむことなく書き続けました。

これほどたくさんのイラストを残しながらも誰もBanksyの顔を見たことはありません。

Banksyの代表的な作品
防弾チョッキを着た平和の象徴、ハト

Banksyの作品
テロリストが投げようとしているものは手榴弾ではなく花
みんな投げ合うなら花束や優しさを

Banksyの作品
山羊に餌をあげる兵隊
人は本当は心優しい生き物のはず。
そう信じたい

Banksyの作品には子供が有刺鉄線で遊んでいるというものが多い。

Banksyがパレスチナで描いた一番新しい作品。
この場所だけ坂になっていて壁に少しギャップが出来ている。
そこをこじ開けようとする天使たち。
Banksyらしいユーモアのある作品。

 

Banksyが手掛けた「世界一眺めの悪いホテル」
(The walled off hotel、ザ・ウォールド・オフ・ホテル)
部屋からは分断壁を眺めることが出来る、確かに眺めの悪いホテル。

世界一眺めの悪いホテルのエントランス
とてもお洒落

世界一眺めの悪いホテル
右のミロのビーナスに鍵をかざすと胸がぴかっとひかって左側の書棚が開きます。
これがロビーから客室へのドア

Banksyの作品のコラージュ
テロリストが投げるのは手榴弾ではなく花束

  煙たがるロダン

世界いt眺めの悪いホテルより
ガスマスクをする天使

Banksyのような人々の活動がパレスチナの人々を勇気づけている。

 

 

 




コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA