「Brunei Darussalam〜永遠に平和な国〜」


マレーシアに囲まれた小さな国

天と水面の間をゆったり漂流
私は葉っぱ〜笑

Booking.com

ボルネオ島にあるマレーシアに囲まれた小さな国「ブルネイ・ダルサラーム」
「永遠に平和な国」という意味を持つ国名どおり、国土の7割が熱帯雨林にも関わらず、石油と天然ガスの資源に恵まれとても裕福な国。
治安も良く人々はとても穏やかでした。

ボルネオ島にだけ生息するテングザル 
天狗👺というよりもピノキオ🤥
マングローブの森でフルーツだけを食べて生活しています
国土の7割が熱帯雨林
首都であってもすぐ隣はジャングル

国政は事実上の絶対君主主義であるにもかかわらず、豊富な資源から得る資産をきちんと国民に分配され、福利厚生の行き届いた高水準の生活ができているため、国民から国王への信頼は絶大。
美しく整備された国立の美術館や博物館は全て入場料無料、空調も効いており旅人にも嬉しいサービス。ゆっくりと見て回ることができます。

ロイヤル・レガリア博物館
見応え十分ー 場所: バンダルスリブガワン

こんな穏やかで平和なブルネイ。けれど最近のブルネイでは、同性愛やトランスジェンダーへの強硬な姿勢が浮き彫りになり、最悪は死刑になるという過酷な法律か成立しました。施行までには暫く猶予があるとのことですが、なんとかこの法律は撤回して欲しいです。この風景のような、優しい社会であって欲しいものです。

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク
暗雲の中のスルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク
スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク
本来はモスク内は撮影禁止。
親切な?信者さんが写真を撮りなさい、きれいだからと許可してくれました。

絶大な人気を誇る国王。国民に寄り添い、国民の平和を1番に考え、人々の個性を重んじ「永遠に平和な国」の道から外れることがないことを祈ります。

ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク
夕立ち 前と後

日本にも国民から愛される天皇家はありますが、国民から信頼される政治家がいないので、そういう人が現れるといいなと思います。

みんな大好き「ハサナル・ボルキア国王」
到着早々に見た夕焼け
太陽が沈んで15分後の1番好きな時間帯
雲が真っ赤に染まってとてもきれいでした

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA